株式会社ミトラ

私たちの目指す未来

ヒトのイマと、ミライと。ミトラ。

電子カルテ領域で培った強みを武器に、これからのPHR(Personal Healthcare Solution)の時代を切り開く。
私たちは、ひとりひとりの医療・ヘルスケア情報を司るソリューションを提供し、未来に貢献していきます。

医療・ヘルスケアの情報ソリューションで、世の中を支えていく。

妊産婦さん、ご家族が大切に授かる新しいいのち。
しかし、それを司る産科婦人科領域の医療は、診察・診断情報の電子カルテ化の難しさや人材不足も相まって、
医師をはじめとする医療関係者の皆様の不断の努力によって支えられてきました。
それがこの国のためにとって、果たしていいのか。
もっと正確な診断に役立ち、使いやすいツールをご提供できないか。
そのような社会的な使命とともに、現場の皆様に学びながら開発してきた「ハローベイビープログラム」を筆頭とする
弊社の産科婦人科領域のソリューションは、おかげさまで、今では大規模病院から専門クリニックまで幅広く活躍しています。

診療データの連携で、地域医療の高度化に貢献する。

たゆまぬ開発の努力を通じ、私たちが感じているのは、世の中ひとりひとりの方の、
医療とヘルスケアに関わる情報を継続して蓄積し、診療などにフィードバックしていくことの大切さ。
例えば、個々の患者さんの診療情報は、各病医院のカルテごとという形で分断されていますが、
これをシームレスに各病院の医師の皆さんが共有できれば、
いつ・いかなるときでも、過去の診療履歴を元にした正確な診断に役立てられます。
地域医療連携による協業体制の構築や、無医村問題などの解消のために、私たちは高いネットワーキング技術を武器に、
各自治体との協業のもと、地域医療情報連携システムの構築および運営・サポートにも携わっています。

パーソナルなデータを、「集合知」化して、新たな世界へ。

ビッグデータの蓄積・管理が容易にできるようになり、医療・ヘルスケアの情報を継続・一元的に管理、
ひとりひとりのより良いQOLを支えていく「PHR」(Personal Healthcare Solution)というスキームが実現できるようになりました。
この領域にこそ、私たちは、これまで培った独自のノウハウを活かして活躍できるフィールドがあると感じています。
PHRが普及し、診療や病気の傾向のデータ分析が当たり前になっていく将来には、
治療や新薬開発などとの連携など、可能性は無限に広がっていくでしょう。
その際に、私たちは業界をリードしていくフロンティアであるために、新たなチャレンジを続けていきます。
どうぞ、私たちに、ご期待ください。